不是世界的世界

關於部落格
二次元的腦袋跟三次元的腦袋是分開的,
就像點心的胃跟正餐的胃是分開的一樣(認真)
  • 25252

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

[歌詞+翻譯]あんなに一緒だったのに/明明是如此想跟你在一起

あんなに一緒だったのに 我們曾經如此投合
夕暮れはもう違う色如今卻夕陽晚景也已變色
  
ありふれた優しさは君を遠ざけるだけ平凡的溫柔只會使你遠離
冷たく切り捨てた心は彷徨うばかり無情割捨的心只感到徬徨
そんな格好悪さが生きるということなら如果生存必須如此的醜陋
寒空の下 目を閉じていよう

在寒空下我只想閉上雙眼

  
あんなに一緒だったのに我們曾經如此投合
言葉ひとつ通らない 
加速していく背中に今は

心意卻已無法相通 
在背離彼此加快速度的現在

あんなに一緒だったのに 我們曾經如此投合
夕暮れはもう違う色如今卻連夕陽晚景也已變色
せめてこの月明かりの下で 静かな眠りを

至少讓我在這樣的月光下靜靜的入睡

  
運命とうまく付き合って行くならきっと如果我只能任由命運擺佈
悲しいとか寂しいなんて言ってられない難言的悲哀寂寞隨之而來
何度もつながった言葉を無力にしても歷經無數的重逢卻無言以對
退屈な夜を潰したいんだね讓我想毀滅這孤寂的夜晚
  
あんなに一緒だったのに我們曾經如此投合
ふぞろいな二人に今 
たどりつける場所など無いんだ
步伐不一的兩人
連掙扎著一起走到的地方都沒有
あんなに一緒だったのに 
初めて会う横顔に
我們曾經如此投合 
在初次相遇時看見你的側臉
不思議なくらいに魅せられてる 戸惑うくらいに

被那不可思議的魅力迷惑而裹足不前

  
心はどこにいる? どこに吹かれている? 心在何方? 又會被吹向何方?
その瞳が迷わぬように就像那不迷惘的瞳孔一般
  
あんなに一緒だったのに我們曾經如此投合
言葉ひとつ通らない 動き始めた君の情熱雖然心意無法相通 你的熱情卻已開始鼓動著
あんなに一緒だったのに 夕暮れはもう違う色我們曾經如此投合 如今卻連夕陽晚景也已變色

せめてこの月明かりの下で 静かな眠りを

至少讓我在這樣的月光下靜靜的入睡


原文:
あんなに一緒だったのに 
夕暮れはもう違う色

ありふれた優しさは君を遠ざけるだけ
冷たく切り捨てた心は彷徨うばかり
そんな格好悪さが生きるということなら
寒空の下 目を閉じていよう

あんなに一緒だったのに
言葉ひとつ通らない 加速していく背中に今は
あんなに一緒だったのに 
夕暮れはもう違う色
せめてこの月明かりの下で 静かな眠りを

運命とうまく付き合って行くならきっと

悲しいとか寂しいなんて言ってられない
何度もつながった言葉を無力にしても
退屈な夜を潰したいんだね

あんなに一緒だったのに
ふぞろいな二人に今 たどりつける場所など無いんだ
あんなに一緒だったのに 初めて会う横顔に
不思議なくらいに魅せられてる 戸惑うくらいに

心はどこにいる? どこに吹かれている? 
その瞳が迷わぬように

あんなに一緒だったのに
言葉ひとつ通らない 動き始めた君の情熱
あんなに一緒だったのに 夕暮れはもう違う色
せめてこの月明かりの下で 静かな眠りを


翻譯:
我們曾經如此投合

如今卻夕陽晚景也已變色

平凡的溫柔只會使你遠離

無情割捨的心只感到徬徨

如果生存必須如此的醜陋

在寒空下我只想閉上雙眼


我們曾經如此投合

心意卻已無法相通

在背離彼此加快速度的現在

我們曾經如此投合

如今卻連夕陽晚景也已變色

至少讓我在這樣的月光下靜靜的入睡


如果我只能任由命運擺佈

難言的悲哀寂寞隨之而來

歷經無數的重逢卻無言以對

讓我想毀滅這孤寂的夜晚


我們曾經如此投合

步伐不一的兩人 連掙扎著一起走到的地方都沒有

我們曾經如此投合 在初次相遇時看見你的側臉

被那不可思議的魅力迷惑而裹足不前


心在何方? 又會被吹向何方?

就像那不迷惘的瞳孔一般

我們曾經如此投合

雖然心意無法相通 你的熱情卻已開始鼓動著

我們曾經如此投合 如今卻連夕陽晚景也已變色

至少讓我在這樣的月光下靜靜的入睡

相簿設定
標籤設定
相簿狀態